とりあえず資格だけ…といくつも資格をもつことはよくあることでしょう。
税理士なんかも取るだけ取っておくということができるものだといいます。
特に税理士は、年齢などで制限されないこともあり、一生活かせるものでもあるようです。
そして、税理なんていうものは生きていくのになんら無駄なことでもないでしょう。
ただ、取るだけの場合、履歴書に税理士と明記しかねるというのが困るところといえます。
というのも、税理士という資格はもっているだけですぐに使えるものでもないからです。
なので、税理士を取る人の多くは、すぐに資格を使うことが前提であるのではないでしょうか。
なにも起業しなくたって、登録さえあれば税理士でいることはできることだからです。
そう、登録していない期間というのは、空白と同じなのでその期間は税理士歴には入らなくなります。
また、税理士でいようと思えばタダでその資格を持ち続けられるものでもないというのがあるんです。
ということは、使わなければ税理士収入もないのに支出ばかりというやっかいな資格にもなるでしょう。
公務員といえども使い方を間違えてはいけない資格のひとつであるのが、税理士ともいえそうです。